スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

アンドロイドが初めての人向けのサイト作り

アンドロイド タブレット PC MOMO9 加強版 Android 4.0 AllWinner A10 タブレット 7インチ CPU 1.5GHz ANDROID TABLET 静電式アンドロイド タブレット PC MOMO9 加強版 Android 4.0 AllWinner A10 タブレット 7インチ CPU 1.5GHz ANDROID TABLET 静電式
()
MOMO9

商品詳細を見る

MOMO9 加強版」の情報をお届けするサイトとして、早急にサイト全体の見直しが必要になって来ました。

サイトの見直し理由

サイト立ちあげ当初

当初サイトと立ち上げた時は、「ファームの更新方法」、「ルート化」、「日本語フォント化」と知りたいけど詳しい方法が探しにくかった部分をまとめるところから始まっています。

これらの内容は、ある程度アンドロイド端末を操作されて慣れた方が次のステップとして行うべきところであって、初めてアンドロイドを操作される方が行うと端末そのものが起動しなくなる可能性があるものです。(あくまでも自己責任にて行なって頂く内容)

最近になって

当サイトで取り扱っている記事数が増加したことにより、かなり大勢の方に見て頂けるようになりました。
見て頂くのは良いのですが、先ほどのリスキーな部分に手を出して失敗する人も増えてるかもしれないです。

現在、初心者向けの内容とある程度分かった方への内容が混在しているので早急に全体を見直して、初心者の方がいきなりリスキーなことをしなくて済むような構成に変えて行きたいと思います。

時の流で

サイトを立ちあげて、わずか2ヶ月ですが既に情報が古くなっている部分があります。
特に「CWMの導入」については、「最新のPLOYER公式ファームAndroidバージョン4.0.4」から行うと、端末が起動しなくなる事態が発生しています。
導入手順を現状に合わせて書きなおさないと、辛い想いをさせてしまう方が増えそうで怖いです。

ファームの更新について

多くのファームの紹介をしてきました。「Qware Pro 3 7」をカスタムファームとしてご紹介してた時は、更新方法が「LiveSuite」を利用するものだけだったのですが、今は「CWM」から更新するものとの2種類になっています。
多分、それは混乱の元となると思うので、明確に分けて行きたいと思っています

原道 N70双撃」について

MOMO9専門サイトから中華タブレット全般サイトへ向けて広がりを見せたという感じでしょうか?
取り扱う機種が増えた分、どの機種の情報であるかをはっきり分かるようにする必要がありそうです
少なくとも「原道 N70双撃」用のカテゴリーが必要になりそうです。

さいごに

より分かりやすいサイト目指して頑張りたいなぁ・・と思ってます。
原道 N70双撃」の記事を書いてアクセス数が又上がりました。
お陰様で、アクセスランキングの[ジャンルランキング]携帯電話・PHS部門で13位まで上がって来ました。
10位圏内が近づいて来てますます頑張ろうって思ってますp(^^)q


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: つぶやき | タグ: momo9 | コメント: 2 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

No title
LiveSuiteもちょっと混乱を招いてるのではないでしょうか?
どうも1.07と1.09では挙動が違うようです。
また一部1.07では、本来の1.07同梱ドライバと、それよりかなり古い(恐らく1.00相当)のx86ドライバが同梱されてるケースがあります。
特にXP環境下では、LiveSuiteのバージョン明記が必要と感じております。
Re:
○airfouceさん

おっしゃられているとおりなのですが、あみの環境がWin7しかないために把握しきれてないのが実情です。

XPマシン1台なんとかならないかなぁ・・・・

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。