スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

Android 「CPU Spy」 の使い方

アンドロイド タブレット PC MOMO9 加強版 Android 4.0 AllWinner A10 タブレット 7インチ CPU 1.5GHz ANDROID TABLET 静電式アンドロイド タブレット PC MOMO9 加強版 Android 4.0 AllWinner A10 タブレット 7インチ CPU 1.5GHz ANDROID TABLET 静電式
()
MOMO9

商品詳細を見る



いくつかの記事の中で、「MOMO9 加強版」は、実際は「1008MHz」で動作していますと説明して来ました。
それを確認するためのツールとして、今回は 「CPU Spy」という無料アプリケーションを紹介します。

CPU Spy とは



Androidでは、CPUがどの程度のクロックで動作しているかログをとっています。
そのログを一覧で見やすく表示してくれるのが、今回紹介する「CPU Spy」になります。


CPU Spy の使い方


一覧表示



操作は単純で起動するだけで、以下のように一覧が表示されます。




CPUSpy01

スクロールした画像を貼りあわせてみました。



グラフは、電源投入時からの計測でクロック数いくつでどれだけの時間動いているかです。
これを見て頂ければ分かるように、「MOMO9 加強版」では、「60MHz~1008MHz」で動作していることが分かります。
「DeepSleep」はCPUが休止状態である時間です。



また、下の方に「Unused CPU Status」とありますが、これはCPUが動作可能なクロック数で、ログが残っていないクロック数が表示されています。
MOMO9 加強版」のCPUであるA10は、最高「1488MH」までの能力値があることが分かりますね。



「Total Status Time」は、電源投入からの稼働時間合計です。


設定



右上の設定をタップすると、設定メニューとして3つの項目が出てきます。

CPUSpy02



  1. Refresh
    最新の情報に更新します。

  2. Reset Timers
    ログを初期化します。又、初期化前のログを保存しておきます。オーバークロックテストなどで状態を変更した場合などに利用すると便利です。

  3. Restore Timers
    Rest Timerで保存していたログを復元します。但し、電源を切断した場合などは残っていません。



アプリの処理としては単純ですが、とても便利に使っていますよ。


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: Android 無料アプリ | タグ: アンドロイド無料アプリ | コメント: 3 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

CPU Spy見てみました。
無印加強版Ⅱでも最高1488MHzと表示されています。
通常使用帯も1008~60MHzとなっています。
情報まで。
Re:CPU Spy見てみました。
○contaさん

貴重な情報ありがとうございます。
比較記事の訂正を入れておきますね。
Re:Android 「CPU Spy」 の使い方
自分は購入サイトで表記してるCPUクロック数が安定動作保証数値だとばかり思ってたので、掲示板であみさんにそのクロック数を聞いた時は少々驚きました。

なので少しASllwinner A10について調べたんですが、これはCPU名じゃなくチップセットメーカが着けた商品名だったんですね。CPUはCortex-A8。

1.5GHz表記に関しては検索するとMaxの数値(?)だとかCPUとGPUのクロックを足して表記してる等と書いてあるところがあったりとよく解りませんでした。(^_^;)

同じASllwinner A10のタブレッドでも1GHz(Max 1.5GHz)と言う表記の物もあります。
中華タブレットは足を突っ込んだばかりですがちょっと混乱してます。

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。