スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

原道 n70双撃 付属品の確認

【n70双撃】【原道】【IPSスクリーン】【Dual Core】 タブレット PC 本体

待ちに待った 「n70双撃」 ですが、朝8時にゆうパックで届きました。

MOMO9 加強版 FAQ 発注した商品はいつ届くのか?」でお伝えしたとおり、追跡調査をして本日午前中に届くことは確認していたのですが、8時に届くとはなかなか早い

原道 n70双撃

内容確認

ゆうパックで届きました。

n70双撃 01 n70双撃 02


開封してみると、本体パッケージと小箱が1つです。

n70双撃 03


本体パッケージ上部に 「n70双撃」 が入っています。小箱側はAC電源でした。

n70双撃 04


添付品一式の確認です。

  • 本体化粧箱
  • n70双撃(保護フィルム等はなし)
  • ACアダプター
  • マニュアル(中国語)
  • 合格証
  • 保証書
  • USBケーブル
  • OTGケーブル
  • イヤフォン

欠品はないようですね。

n70双撃 05


本体背面には「N70双撃」とプリントされています。また原道のコピーライトもありました。
外観は 「MOMO9 加強版」 の板ってイメージに比較して洗練されたフォルムです。

n70双撃 06


入出力が左側(背面右側)にまとめられていて、電源とイヤフォンジャックの間にカバー付きで、HDMI、USB、microSDの挿入口がありました。
MOMO9 加強版」 で端子がむき出しになっているのを気にされている方がいらっしゃいましたけど、 「n70双撃」 では、そういう問題もないようです。

n70双撃 07


電源及びボリュームは本体を横持ち正面の左上側に配置されていました。

n70双撃 08


本体正面には、中央上部にカメラがあるのとタッチパネル液晶のみで物理キーはありません。

n70双撃 09


起動してみると、電源ボタンを長押し3秒ほどで点灯し、その後22秒ほどでロック画面となりました。
MOMO9 加強版」 の2~3分待たせる起動時間に慣れているせいで、すごく速く感じます(笑
(PLOYER公式ファーム4.0.4で起動時間が短くなりましたけど、それでも45秒はかかります)

さいごに

取り急ぎ、ここまでとします。
このあと初期不良チェックを行なっていく事になります。
さて、商品の欠品はないようですが、販売店がお約束していた日本語簡易マニュアルやリカバリーソフト(ダウンロード)に関するメモなどが見当たらなかったです。
販売店からメールが届いている様子もないようなので、現在メールにて問い合わせ中。 残念ながら販売店に関しては、かなり評価を下げざるを得ないですね。
良店としてご案内していた販売店なので残念です。


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: n70双撃 初めての方へ | タグ: N70双撃 関連商品 | コメント: 4 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

ついに来ましたか
おめでとうございます。

あみさんがご購入されましたので、かなりの人が追従すると思われます。
私も欲しくなってしまうクチですが。

ショップの仕入れ担当の方々、「n70双撃」 を仕入れて備えましょう(笑)

追加レポ楽しみにしております。
Re:ついに来ましたか
○もみ.さん

やっと来ましたw

もみ.さんも双撃買われますか?

レポ書きますねぇ~
OTGケーブルはサービス?
アマゾンで原動n70双撃を購入して中身を確認したところ
あみさんのレビューにあるOTGケーブルはありませんでした。
仕様には確かにOTGケーブルの記入は無いので購入メーカーに
問い合わせはやめました。
OTGケーブルは別途買い求める必要があります。
アマゾンで最安値の店を選んだのですが・・・。
Re: OTGケーブルはサービス?
○ ふたやんさん

販売価格がかなり落ちてますから、ケーブルを付ける余裕がないんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。