スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

MOMO9 加強版 カスタムファームを自分好みにアレンジする

アンドロイド タブレット PC MOMO9 加強版 Android 4.0 AllWinner A10 タブレット 7インチ CPU 1.5GHz ANDROID TABLET 静電式

今回は 「MOMO9 加強版」 のファームウェアとしてご紹介した「Kangbook」を自分好みにアレンジしてみたいと思います。

2012/8/3 追記
ブートアニメーションの変更を追記しました

カスタムファームを自分好みにアレンジする

アレンジとは?

カスタムファームを利用すると公式ファームではサポートされていないことが出来たりして楽しいです。
そんなカスタムファームですが、ボリュームの+/-が逆であったり、「/sdcard」と「/extsd」が逆であったりと、微妙にあとから直したい部分が出てきます。
当サイトでは「ESファイルエクスプローラー」を利用して、システム領域を操作する方法をお伝えして来ました。

今回ご紹介するのは、カスタムファームをインストールする前に、自分好みに直してしまおうってお話です。

アレンジ可能なカスタムファームについて

MOMO9 加強版 ファームウェア更新の準備」の中で、「CWM 」で更新するファームウェアがあることを書きました。

そのタイプのファームウェアは、zipファイルにまとめられていているので、PC上で解凍すれば内容は全て見ることが可能です。

今回アレンジに利用するファームウェアは、このタイプのものを使います

アレンジ概要

  1. PC上でカスタムファーム(ZIPファイル)を解凍します。
  2. 解凍したファイルから、必要な個所を修正します。
  3. 修正したファイルを、元のカスタムファーム(ZIPファイル)内にコピーします。
  4. その他、日本語フォントなど追加したいファイルをカスタムファーム内にコピーします。
  5. 作成したカスタムファームを「CWM」を利用してインストールします

事前準備

ZIPファイルを圧縮解凍するツールをご準備下さい。
7-Zip」が使いやすいですよ。下記URLよりダウンロード可能です。
http://sevenzip.sourceforge.jp/

実例

今回は、「Kangbookファームウェアを利用してアレンジしてみたいと思います。

Kangbook」の詳細については、「MOMO9 加強版 Kangbook ファームウェア(その1)」をご覧下さい。

KangBook.zipをコピーする

オリジナルの「KangBook.zip」は、大切に保管しておき「KangBook.zip」のコピーを作成して下さい。
今回「KangBook0730.zip」としました。(記事を最初に準備し始めたのが7/30でしたw)

ZIPファイルを解凍する

ZIPファイルを解凍すると、システムの内部フォルダーの構成を見ることが出来ます。
アレンジしたい個所のファイルを修正していきます。

内部SDと外部SDを入れ替える

以前「MOMO9 加強版 内部SDと外部SDを入れ替える方法」として記事としています。

Kangbook」 では、内部SDを「/extsd」、外部SD(microSD)を「/sdcard」として割り当てています。
多くのアプリケーションでmicroSD=「/sdcard」のような利用を想定しているので、このまま利用しても便利なのですが、マウント解除が内部SD側になってしまうためmicroSDの安全な解除が出来ないのが不便です。

設定が記載されているのは、「/etc/vold.fstab」です。 このファイルを好みに応じて書き換えを行います。
左側が「Kangbook」の設定、右側が標準的な設定です。

カスタム 01 カスタム 02


書き換えを行ったファイルを、ZIPファイルの元のフォルダーの位置に書き戻します。

カスタム 03

ボリュームの+/-を入れ替える

入れ替え方の説明は「MOMO9 加強版 ボリュームボタン+/-を入れ替える」をご覧ください。

かいつまんで説明しますと「/system/usr/keylayout/sun4i-keypad.kl」が設定ファイルです。
そのファイルを修正します。

上側が「Kangbook」の設定(標準的な設定)、下側が+/-を逆にした設定です。

カスタム 04 カスタム 05


好みで書き換えて、これもZIPファイルに書き戻して下さい。

日本語フォントを追加する

今回追加する日本語フォントは「モトヤフォント」(FREE版)とします。

「MTLmr3m」は、こちらからダウンロード可能です。(要ユーザー登録)
http://www.4shared.com/file/-GHOBSjY/MTLmr3m.html

このファイルをZIPファイル内「/system/fonts」の下にコピーします。

フォントの設定ファイルを修正します。
設定ファイルは「/system/etc/fallback_fonts.xml」です。
設定ファイルにはフォントについての記述が並んでいます。一番上に「MTLmr3m」を追加して下さい。フォントは一番上から順番に探します。

カスタム 06


書き換えを行ったファイルを、ZIPファイルの元のフォルダーの位置に書き戻します。

ブートアニメーションを変更する(2012/8/3 追記)

差し替えを行う「bootanimation.zip」を手に入れて下さい。
取得方法は「MOMO9 加強版 ブートアニメーションの変更「ESファイルエクスプローラー」 編」をご覧になれば分かると思います。

手に入れた「bootanimation.zip」内の「desc.txt」の設定をMOMO9用に書き換え、 元の「bootanimation.zip」内に書き戻して下さい。

desc.txt desc.txt 02


修正した「bootanimation.zip」を「KangBook0730.zip」内、「/system/media/」に上書きコピーすればブートアニメーションが変更となります。(8月3日に作ったファイルなので「KangBook0803.zip」)

ブートアニメーション


余談ですが、Kangbookのブートアニメーションが始まるまでに少し黒い画面が続くので焦りますね(^^;

microSDにファイルをコピー

今回はここまでとして、microSDカードに作成した「Kangbook0730.zip」をコピーします。

「Kangbook」と同様の手順でインストールする

コピーした後は、オリジナルの「Kangbook」をインストールする手順と一緒です。
詳細は「MOMO9 加強版 Kangbook ファームウェア(その1)」をご覧下さい。

作業結果

無事、インストール完了しました。
今回のアレンジで、「/sdcard」と「/extsd」は標準的なものへ、ボリュームの+/-は逆設定(横置きで自然な利用方法)、日本語フォントとして「モトヤフォント」の利用が出来るようにしました。
(追記として、ブートアニメーションも変更出来るようにしました)

他にもプリインストールアプリの削除、逆に入れておきたいアプリの追加など、好みに応じて書き換え出来ると思います。どうぞお試し下さい。


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: momo9 ファームウェアの更新 | タグ: momo9 ファームウェア | コメント: 2 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

No title
これはありがたいです。
内部SDと外部SDの扱いが逆なのが反って使いにくいと感じていました。
クラス4なので書き込みが若干もっさりだし。
いつも助かります。
Re:
○もみ.さん

やっぱり細かな部分で好みの違いが出てきますよね。

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。