スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

Android 7インチ miniUSBキーボード&ケース


☆サイズ調整付☆7インチ専用 アンドロイドなどのタブレットに!Android miniUSBキーボード&ケース◇


すでに「MOOMO9 加強版」や、「MOOMO9 加強版 II」をご購入された方は、ミニキーボードをどうするか検討されてる方もいらっしゃると思います。
今回は、あみ一押しの「Android miniUSBキーボード&ケース」をご紹介します。

Android miniUSBキーボード&ケース 商品レビュー



miniUSBキーボード&ケース 前面

miniUSB B端とタッチペンが付いています。
残念ながらこのタッチペンは感圧式用のため使用出来ません。
(※同系列の商品でminiUSB B端と異なるものがありますので、リンクの商品をお勧めします。)



miniUSBキーボード&ケース サイズ比較

例によってA4用紙とのサイズ比較です。A4用紙よりわずかに大きい感じです。



miniUSBキーボード&ケース 背面

カバー背面には、スタンドが付いています。
軽いマグネットが付いていて、使わないときにはカバーにぴったりついてるので邪魔にならないです。



miniUSBキーボード&ケース 斜め

こんな具合に立ちます。



miniUSBキーボード&ケース momo9装着

実際にmomo9に装着してみました。
上の爪の部分が可変式になっていて、がっしり押さえ込みます。
こうして使うとノートPCのように使えて便利です。
momo9よりカバーが一回り大きいので、キーボードが小さくなり過ぎずによいです。



miniUSBキーボード&ケース ズーム

見てのとおり日本語キーボードではないので、記号を打つのにはちょっと戸惑いますが、大した問題ではないです。
それに後日紹介しますが、無料アプリの「日本語フルーボード for Tablet」と非常に相性がよく抜群の使いやすさとなります。



miniUSBキーボード&ケース サイズ比較2

キーボード部分の大きさ比較です。乗せているのはA4用紙を1/3にしたものです。折り曲げた部分は1.5cmほどです。



miniUSBキーボード&ケース 背面

ケーブルがちょっとケースからはみ出てます。
気になる方はこちらをどうぞ。
USB接続部分に下記製品を使えば、ケーブルがケースからはみ出さずになります。

USBミニ5pinをL字型に変換するアダプタ USBM5-L

アマゾンで購入店を選べば、アマゾンプライム利用で送料無料、単品価格400円で購入出来ます。記事を書きながらカートに入れたのはナイショですw
(※アマゾンプライム関係ありません。アマゾン発送で送料無料です。)



miniUSBキーボード&ケース 閉じる

こうして見ると出っ張り目立ちますねw
カバーを閉じる部分もマグネットが付いていてキレイに閉じます。



良いところは価格より高級感があるところでしょうか?(笑
長文打つときのお供にどうぞw


☆サイズ調整付☆7インチ専用 アンドロイドなどのタブレットに!Android miniUSBキーボード&ケース◇

関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: タブレット関連製品 | タグ: タブレットPC関連商品 | コメント: 2 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

教えて下さい
はじめまして、こんばんは♪
私も同じキーボードを持っているのですが、先日からアンドロイドと接続できなくなってしまいました。ケーブルとキーボードが抜けてしまっているのかな?とも思うのですがなんせ縫ってあるので確認できません。キーボードには他に接続部分がないので悩んでいます。ご自身のはだいじょうぶですか?
Re:
○shihoさん

何を教えたらいいのかな?
現在、MOMO9自体をあまり利用していないので、キーボードケースも利用していません。

接続出来なくなったのなら、断線か接触不良では?

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。