スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

ONDA vi10精英版 V3版 人柱な実験 「NOVO7 TOOLS」(その2)

ONDA vi10精英版 V3版 Android4.0 フルマーケット化と日本語フォント化済 日本語説明書付

前回の 「ONDA vi10精英版 V3版」 への導入実験では、物理キーのボリューム+/-がないために、MOMO9と同じCWMでは操作出来ませんでした。
そこでコメントでご提案のあった、NOVO7 Advanced 用の CWM (a10_recovery.zip)を利用してみることにしました。

NOVO7 TOOLS によるCWMの導入

NOVO7 Advanced 用のCWM (a10_recovery.zip)

操作系がONDA Vi精鋭版と同じなので期待が持てます
Enter = 電源ボタン
↑ = メニューボタン
↓ = homeボタン
Esc = 戻るボタン

導入手順

こちらのURLより、NOVO7 Advanced 用のCWMがダウンロード出来ます
http://androtab.info/cyanogenmod/allwinner/

ダウンロードしたファイルを解凍して、「recovery.img」をのみ、タブレット内「/sdcard/」の下にコピーして下さい。

以降は、MOMO9で紹介した方法と同じです。
MOMO9でNOVO7 TOOLSを利用してCWMを導入した記事は「MOMO9 加強版 CWMの導入と使い方」をご覧ください。

MOMO9と同じ手順で導入してみました

前回同様、MOMO9の記事で書いた手順で「recovery.img」のみ差し替えて導入してみましたところ、CWMを起動、そして操作も可能でした。
「NOVO7 Tools」で導入可能です。

失敗談

導入前のファームウェアによって本体が起動しなくなります。
これは、MOMO9でも起こっていた問題で、最新ファームの4.0.4共通の問題のようです。
一つ前のファームが公式からダウンロード出来るのでまずそちらを先にインストールしておく必要がありました。
Android4.0.3の公式ファームが入ってる方なら大丈夫です。

ONDA Vi10精鋭版 公式ファーム

一応URLを記載しておきます
お時間のある時にダウンロードしておくといざという時に役に立ちますよ

《下戴》と書いてあるタブがファームウェアです。

今回は

簡単に報告のみですが、ファームの更新方法、CWMの導入方法はMOMO9同様まとめ直しますね。
取り急ぎの報告として、MOMO9で利用したLiveSuite1.09がONDAでもそのまま利用出来ますよ。


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: vi10精英版 | タグ: onda vi10精英版 ファームウェア | コメント: 0 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。