スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

ONDA vi10精英版 V2版/V3版 日本語フォント化

ONDA vi10精英版 V3版 Android4.0 フルマーケット化と日本語フォント化済 日本語説明書付

「ONDA vi10精英版 V2版/V3版」の日本語フォント化ですが、この間ご紹介したフルマーケット化のスクリプトで、簡単に出来ます。

注)当スクリプトはAndroid4.0.3用です

Allwinner Essential Script

この間、フルマーケット化をしてくれるスクリプトとしてご紹介しましたが、 日本語フォント化も同じスクリプトを利用して変更することが出来ます

注意事項

日本語フォント化に関しては提供元で「vi10」で実行した場合、ブートループになる可能性を示唆しています。
あみが実行したところ問題ありませんでしたけど、試される方はブートループする危険があるものだということは承知の上でお願いします。

CWMの勧め

こちらのスクリプトを実行される前に、CWMの導入を強くお勧めします。
CWMでバックアップを取っておけば、もしブートループになっても復帰可能です。
リスクの伴う作業の前には、CWMでのバックアップが一番ですよw

CWMの導入については、「ONDA vi10精英版 V2版/V3版 CWMの導入と使い方」をご覧ください。

事前準備

さて日本語フォント化のための事前準備ですが、「ONDA vi10精英版 V2版/V3版 フルマーケット化」の「フルマーケット化スクリプトの実行」前までは同じです。
すでにフルマーケット化された方は特に今回準備の必要はありません。

日本語フォント化スクリプトの実行

手順は、フルマーケット化の時と一緒ですよ。
まず「ONDA vi10精英版 V2版/V3版」の開発者オプション、USBデバッグモードをONにして、PCとUSBケーブルで接続します。

解凍したファイルの中に、「!Allwinner_Essential.bat」があるので、これを起動します。

フルマーケット化スクリプト 02


メニューが表示されます。
日本語フォント化のためには、4番のデバイス別オプションを選択します。
4と入力してエンターキーを押して下さい。

日本語フォント化 01


デバイスオプションメニューが表示されます。
日本語フォント化(モトヤフォント)は、1番です。
1と入力してエンターキーを押して下さい。

日本語フォント化 02


さらにブートスタック防止フォントを導入しますか?
と質問されます。あみはYesとして「y」を入れました。
エンターを押して実行です。

日本語フォント化 03


書き換えが終了し、何かキーを押すように指示が出るのでエンターを押します

日本語フォント化 04


メニューが表示されます。
作業後は端末再起動をするように指示が書かれています。
5を入力して、再起動を行いましょう。
続行の指示でエンターキーを押して終了です。

フルマーケット化スクリプト 05 フルマーケット化スクリプト 06


端末が再起動したら、USBケーブルを外してかまいません

さいごに

日本語フォント化はうまく出来たでしょうか?
ブートループになってしまった方がいらっしゃいましたら、ご報告お願いします。
さて、本当はファームウェアの更新記事予定だったのですが、前回の続きとして先に書かせて頂きました。


質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: vi10精英版 日本語フォント化 | タグ: タブレットPC onda vi10精英版 | コメント: 2 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

No title
Ondaタブレット用にカスタマイズしたAllwinner Essential v0.9.5 改 (ONDA Power Edition v2.1)ってのもあるみたいですねー。
Re:
○あるとる~じゅ。さん

ダウンロードはしてあるのですが、詳細はまだ見ていないです。
分かるところから順に手がけている感じw

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。