スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

原道 N70双撃 CyanogenMod 10(2012/9/2版)(その3)

【n70双撃】【原道】【IPSスクリーン】【Dual Core】 タブレット PC 本体

「CM10」を導入すると爆速感があってよいのですが、フルマーケット化が不完全です。
(少なくとも、9/2版は不完全。A10系は改善されているので次のリリースに期待出来ます。

同日 18:15追記
失敗談

2012/9/18 追記
A10系のCM10の「Build.Proc」を参考にNexus7偽装を試してみた結果

2012/9/18 22:00追記
一応終了。Nexus7偽装ヶ所の公開。

フルマーケット化の調査

すでにA10系の「CM10」ではフルマーケット化されたバージョンが公開されているので、少し待てば対応されると思いますけど、試せることはやってみたいと思います。
それにA10系のものも完璧というわけではなかったので、調査しておくのは悪くないかと。

Allwinner Mod

まずはA10系のアプリ「Allwinner Mod」を利用してみました。
こちらは、端末の偽装処理になります。
Allwinner Mod」については、「Allwinner Mod の使い方」をご覧ください

A10系のものなので、動作させて大丈夫か心配しましたが特に問題なく動きました。
結果として、「Battery Mix」は利用可能とはなりませんでした。
但し、掲示板の方で「N70双撃」で「モダンコンバット3」を遊ぶ方法はないかと質問が入っていましたけど「xoom」に偽装することによって遊べることが確認出来ました。
全く利用価値がないわけではないようです。

フルマーケット化済みファームの・・・

フルマーケット化済みの別ファームのBuild.propを単純に入れ替えたらブートループしました。
当たり前ですよねぇ・・・・。
CM1のBulid.propと別ファームのBuild.propを見比べて、それっぽいところを書き換えてチャレンジするも、「Battery Mix」は表示されずにガッカリ。何でチェックしてるんでしょうね?これ?

「CM10」A10系のBuild.Procとの比較

同じ「Bulid.Proc」でも、A10系CM10は既にフルマーケット化対応なので、そちらを参考になんとか出来ないか試して見ることにしました。
「CM10」A10系のBuild.Procを見たところ、Nexus7の偽装がされていたので関係ある個所を真似てみたところ、今回はブートループせずに無事起動。
先の「MODERN CONBAT 3」は、インストール及びゲーム可能でした。

「LINE」がインストール不可、「Battery Mix」は相変わらず表示されません。
どこら辺弄れば、良いのかよく分かっていない。手探り状態です。知ってる人が見たら、なにやってんの?って感じでしょうねぇ(苦笑

Allwinner Essential

A10系スクリプトでフルマーケット化するものです。
やって見ようと確認したところ、4.0.3用だったので即断念。
4.1用としてはNexus7の偽装化の方が良いわけで・・・

結局

コメントでも頂きましたが、「Battery Mix」はBluetoothが使える偽装をしないとダメなようで、ここら辺は「天馬の飼葉」というブログの管理人、ferirossさんくらい詳しい方じゃないと、どうすればいいんだか皆目検討も付かないわけで・・・
ということで、ここらで断念です。
「Battery Mix」はバックアップからリストアして使うことにしました・・・・・
ネタ的には面白いと思ったんですけど技術が足らないですねぇ・・・

Nexus7偽装で弄ったところ

弄らなくていいところも弄ってるかもしれませんけど、一応こんな感じで修正しました。
左がオリジナル。右が偽装したものです。
SNSの方に偽装した「Build.Proc」アップしておきますね。

Nexus7偽装

関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: n70双撃 ファームウェアの更新 | タグ: 中華タブレット 原道 n70双撃 | コメント: 4 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

偽装
おはようございます。

n70CM10偽装については僕もかなり調べてみました。

あまりプログラミングは詳しくないのですが、根本的にカーネルの対応がされていないのが原因かと思っています。

BatteryMixやLineはおそらくGPSとBTが正式に対応した状態じゃないと表示されないのではないかと推論しています。

新しいカーネル、ベースバンドなどで対応するまで気長に待つつもりです^^
Re:偽装
○づっコロさん

待つのも手なんですけど、サイトのネタ的にはチャレンジしても良いかと。
あみ的には、lineは使わないしbattery mixは、バックアップからインストール出来るので何も困ってはいないんですけど、こんなことすればこのくらいの事は出来ますよっていう題材ですね。
Battery Mixを表示
N70双撃 CyanogenMod 10で、Battery Mixを表示させるのに成功しました。

gapps-jb-20120726-no_faceunlock.zip の中の /system/etc/permissions に

android.hardware.bluetooth.xml

android.hardware.telephony.gsm.xml
の2つのファイルをを入れておいてから、CMWのinstall Zipで読みこませたところ、ちゃんとBattery Mixが表示されました。(この2つは他の機械から持ってくる。MOMO9でも可)
Build.Proc はいじっていません。

Zipへの入れ方は、あみさんがMOMO9で提示されていた、7Zipを使った方法です。

ご参考になれば。
Re:Battery Mixを表示
○ぷぅちゃんさん

ありがとうございますw
試してみますね~

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。