スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

「CyanogenMod 10」の日本語フォントを入れ替えてみる

アンドロイド タブレット PC MOMO9 加強版 Android 4.0 AllWinner A10 タブレット 7インチ CPU 1.5GHz ANDROID TABLET 静電式

前回、フォントを表示する仕組みについて記事にしました
今回は、実際にフリーのフォントをダウンロードして、フォントを入れ替えて見ようと思います。

フリーフォントを入れ替えて見る

入れ替えてという話は、「CyanogenMod 10」のように既に日本語フォントが入っている場合の話です。
日本語フォントが入っていない場合は、フォントを導入する手順になりますね。

まずはフリーフォントをダウンロードしましょう

「フリーフォント」で検索すれば、色々見つかると思います。
入れることが出来るフォントファイルは拡張子が「.ttf」のものです。
今回利用してみるのは、「S2G海フォント」です。
手書き風のフォントで見た目が柔らかいですよ
ダウンロードサイトはこちら
http://s2g.jp/font/index.htm

フォントファイルの入っているところ

前回のおさらいです。
《system/etc》フォルダーの下にフォントの定義ファイル
《system/fonts》フォルダーの下にフォントファイルが入っています

《》で囲っているのはフォルダーです

  • 《/》
    • 《system》
      • 《etc》
        • fallback_fonts.xml <=== フォント定義ファイル
        • fallback_fonts-ja.xml
          (CM10で準備されている、日本語対応の定義ファイル)
      • 《fonts》
        • MTLmr3m.ttf <=== 日本語フォント(モトヤフォント)

    フォントの入れ替え概要

    まずはダウンロードしたフォントファイルを《system/fonts》フォルダーの下にコピーします。
    次に、フォント表示の定義ファイル「fallback_fonts-ja.xml」にコピーしたフォントファイルについて記述します。
    (※ 通常は、「fallback_fonts.xml」を書き換えるのですが、「CyanogenMod 10」の場合は日本語用に準備されている「fallback_fonts-ja.xml」を書き換えます。)

    注意事項:入れたフォント及び書き換えたフォント定義ファイルのプロパティを設定する必要があります。後述しますけど、これを忘れると正しく動作しなくなる可能性があります。

    「fallback_fonts-ja.xml」の書き換えヶ所

    「MTLmr3m.ttf」の日本語フォント部分を入れ替えるフォント名に書き換えてあげればOKです。

        <family>
            <fileset>
                <file>MTLmr3m.ttf</file> <=== ここを書き換えます
            </fileset>
        </family>
        <family>
            <fileset>
                <file>DroidSansFallback.ttf</file>
            </fileset>
        </family>
    </familyset>

    スクリーンショットでの説明

    今回は、「S2G海フォント」をコピーしました。
    《system/fonts》フォルダーの下「sea.ttf」です。
    システム領域へのコピー方法などは「MOMO9 加強版 「ESファイルエクスプローラー」でシステム領域のファイルを操作する」をご覧ください。

    フォント入れ替え 01


    コピーしたファイルはプロパティを変更してあげる必要があります。
    ファイルを長押ししてあげるとプロパティの変更メニューがありますよ

    フォント入れ替え 02


    左の画面から順に行なって、指定のプロパティに変更して下さい。

    フォント入れ替え 03 フォント入れ替え 04 フォント入れ替え 05 フォント入れ替え 06


    次は定義ファイルを書き換えます。「fallback_fonts-ja.xml」をタップして下さい。(長押しではないです)
    「...で開く」メニューで「ESテキストエディター」を選びます。
    赤枠の部分を入れ替えるフォント名に書き換えて下さい。
    尚、戻るボタンをタップすると保存の確認が表示されますよ

    1015font07.jpeg 1015font08.jpeg 1015font09.jpeg 1015font10.jpeg


    書き換え前のファイルは、「fallback_fonts-ja.xml.bak」として残っています。
    新しく保存された「fallback_fonts-ja.xml」のプロパティを変更する必要があります。
    フォントファイルのプロパティを書き換えた時と手順及び、変更するプロパティの内容は同じです。

    1015font11.jpeg 1015font12.jpeg フォント入れ替え 13 フォント入れ替え 14


    全ての作業に間違いがないことを確認したら、再起動をかけて下さい。
    再起動後、フォントが変わります。

    変更後のイメージ

    なかなか味のあるフォントでしょ?フォントが変わると新鮮味がありますね。

    フォント入れ替え 15

    さいごに

    さて今回入れたフォントは、サイズがモトヤフォントに比べて大きいため、全体的な動作がモッサリになった気がします。
    「MTLmr3m.ttf」のサイズは、2804KB、今回入れた「sea.ttf」は5316KBありました。
    もう少し軽めのフォントを探すと良いかもしれないです。

    簡単に済ませるには(追記)

    入れ替えたいフォントファイルを「MTLmr3m.ttf」に名前を変えて、上書きコピーしてしまうのが手っ取り早いです。
    元の「MTLmr3m.ttf」のバックアップを取っておくとさらによし。
    尚、上書きコピーした場合でもプロパティの確認は忘れずにお願いします。


    関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: トピックス | タグ: 中華タブレット ployer momo9 加強版 | コメント: 0 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。