スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

Ployer MOMO7 双核版 退院報告

新・momo7 /アンドロイドタブレット/bluetooth対応/Dual Core CPU/IPSスクリーン/275G の軽量タブレット

初期出荷不良の疑いということで、販売店に送っていたものですが実は先日返送されてきています。
入院記事はこちらをご覧ください。「Ployer MOMO7 双核版 入院です!(当サイト2台目の入院)
ということで今回は、退院報告です。

MOMO7 双核版

入院理由は、バッテリー問題で最初に販売店に連絡した時は5時間で25%しか充電出来ないというものでした。・・・・・が、症状は悪化しまして販売店に送る直前は、1%から充電が上がらなくなっていました。

販売店には

1%から充電が上がらなくなったことをメッセージとして添えて送っていたのですが。先日返送されてきました。
結果、初期出荷不良として新品交換となりました。

戻ってきたMOMO7 双核版

新品交換されたMOMO7 双核版ですが、バッテリーの充電を行うと起動するタイプになりました。
ただ充電は比較的順調に進み2時間で25%まで上がったと思います。

問題はその後

これなら問題ないだろうと、ルート化、及び日本語フォント導入のスクリプトを走らせたところ、うっかり間違えてN70双撃用のスクリプトをそのまま走らせちゃいました。あ~あ~って感じです。
注意書きとしてそのまま走らせるとモデル番号がN70化しますよと自分で書いてたのにw

仕方ないので、公式ファームを更新したのですが、これで状態に変化がありました。
まずバッテリーを充電しても再起動はされません。充電モードの表示となります。
そして充電が、販売店に相談した最初の緩やかな充電になりました。
どうやら、元々入っているファームと公式からダウンロードして入れるファームに差があるようです。

今となっては

初期ファームがどういう状態であったか不明です。
もう初期ファームでのテストが出来ないので、充電がまともに出来ていたかどうかもわからなくなったのが残念です。

ファームを更新されてない方は、是非状況を教えて下さい。充電で起動するタイプのものです。

そう言えば

前回、初期出荷不良として相談する前にファームの更新記事のために更新しています。 再起動するよってコメントで相談された人と状態が違ったのは、ファームを更新してたせいですね。

こう考えると初期ファームのままの方が、まともに動いてたと思うのですがどうなんでしょう??

販売店がメーカーに問い合わせた結果

公式にアップされているファームに更新すれば改善されるという返事だったそうです。
うーん。微妙。確かに充電による再起動はしなくなって充電モードに入れるようにはなるんですけど、充電にかかる時間はかなりのものです。

これがファーム更新後の充電の様子です

USB充電 01

このグラフの様子だと4時間かけて25%、10時間かけて55%、12時間で62%、あとはどれだけかけてもあまり変わらず、最大で65%程度でした。

これはバッテリー表示が正しく出来てないのだと思われます。65%が実質の満充電なのではないでしょうか?

それと、バッテリーMIXがどのような仕組みで、AC充電、USB充電、使用中を区分してるのか分からないですけど、このグラフはずっと使用中となっています。
シャットダウンしてUSB充電を行い、画面的には充電モードとなっているはずなのだけど、実は裏で稼働してるのかもしれないですね。それなら中々充電されないわけです。

バッテリー表示があてにならないなら

実測でどれくらいの時間が使えるか測ってみるしかないです。
充電に10時間かかるのは仮に妥協しましょう。帰宅後、充電させて朝まで放置みたいな使い方です。
あとは、実際に使うことが出来る時間が4時間あるなら現状は我慢しますけど、果たしてそれだけの時間使う事が出来るかどうかですね。

ファームのバージョンアップに期待

今回、ファームの変更によって充電状態に変化があったようなので、ファームがさらにアップデートされたら直る可能性も見えてきました。
中華パッドはWi-Fi問題、バッテリー問題、などが起きやすいので、今回それに当たったようですね。
思えば、MOMO9も今では安定したマシンですけど初期の頃はボロボロに叩かれてた気がしますw

さいごに

以前書いた記事を訂正する必要がありますね。
4000mAhあるので、MOMO9のように長時間利用出来るのを期待していたのですが、バッテリーの消耗は半端じゃないようなので。
あとは、アンダークロックで延命出来ないか試そうと思います


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: momo7双核版/達人版 | タグ: 中華タブレット ployer momo7 双核版 | コメント: 4 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

なんとなく、もうすぐJBが公開されそうですから、それに期待ですかね。
No title
ファームにも期待ですけど、とりあえず現状のものを調査しています。
ちょっと面白くなって来ました。
ちなみに、AVICのサイズって、なんとなく実寸と違う表記のような。

実機は縦が160ではなく116で、厚さももっと薄いと思うのですが、いかがでしょうか?
No title
販売店の表記は間違ってますね。

当サイトで紹介している数値も表記の間違いに気づいたので、長さとバッテリー容量は訂正してたんですけど、厚みは訂正漏れしてました。

長さは116.5mm、厚みは8.6mm、バッテリー容量は4000mAhです。
あみが測ってみたものは、全体的にPloyerの公表値よりさらに小さくなりましたけど、それは測り方の問題だったと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。