スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

Kindle Fire が、やっと日本でも・・・

Kindle Fire

Amazonのページを見たら、「Kindle Fire」の予約受け付けを行なっていました。
販売予定は、2012年12月19日予定、お一人様5個までって、そんなに一人で買うの?w

Kindleシリーズ

予約受け付けしていたのは、「Kindle Fire」及び「Kindle Fire HD」の他、「Kindle Paperwhite」、「Kindle Paperwhite 3G」です。
個人的に興味があるのは、「Kindle Paperwhite 3G」でしょうか?月額料無料の3G接続らしいですよ。通信費いらずです。

スペック表

Kindle電子書籍リーダー Kindle Fireシリーズ
Kindle Paperwhite 3G Kindle Paperwhite Kindle Fire HD Kindle Fire
¥12,980 ¥8,480 ¥15,800 ¥12,800
スクリーンサイズ 6インチ 7インチ 7インチ
ディスプレイ技術 Paperwhite、内蔵型ライト HD LCD LCD
解像度/画素数 212 PPI 1280x800、
最大720p HD
1024x600
オーディオ - ドルビーオーディオ
デュアルドライバ
ステレオスピーカー
ステレオスピーカー
接続
無料3G接続

+

Wi-Fi接続
-



Wi-Fi接続
-



デュアルバンド
デュアルアンテナWi-Fi接続
-



Wi-Fi接続
容量 2 GB

Amazonのコンテンツについては、無料のクラウドストレージあり
16 GBまたは32 GB

Amazonのコンテンツについては、無料のクラウドストレージあり
8 GB

Amazonのコンテンツについては、無料のクラウドストレージあり
サイズ 169 mm x 117 mm x 9.1 mm 193 mm x 137 mm x 10.3 mm 189 mm x 120 mm x 11.5 mm
重量
222 g213g
395 g 400 g
プロセッサ - デュアルコア
1.2GHz OMAP4460
デュアルコア
1.2GHz OMAP 4430
バッテリー 8週間
ワイヤレス接続OFF時
連続11時間 連続8.5時間
ウェブ ブラウザ
(体験版)
クラウド加速型ブラウザ
Amazon Silk
クラウド加速型ブラウザ
Amazon Silk
インターフェイス

2点マルチタッチ


10点マルチタッチ


2点マルチタッチ

感想

電子書籍リーダーとして割り切って使うなら、「Kindle Paperwhite 3G」が無料通信で良いのでは?
「Kindle Fire HD」のみ10点マルチタッチをサポート、後は2点マルチタッチなので遊びに使うには「HD」を買うしかないようですね。
でも、遊びならAndroid端末買った方がいいと思います(^^)


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: トピックス | タグ: KindleFire | コメント: 4 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

No title
KindleはKindle Paperwhite 3Gが良さげですよね。
Fire買うならNexus7にKindleアプリ入れて使っちゃいますw
MOMO9でもKindleアプリ使って無料本読めるのは確認しました。
Re:
○あるとる~じゅ。さん

Fire買うならNexus7にKindleアプリ入れて使う?

何か使い分けがあるのでしょうか?
Fireを購入したらNexus7はKindleとして利用?
No title
ちょっと言葉足らずでした。
Androidアプリ入れちゃえばKindleの代わりにもなるので、私ならKindle Fireを買うよりNexus7買うかなぁと思ったんです。
Re:
○あるとる~じゅ。さん

逆の意味で取っちゃいましたね(^^;

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。