スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

Ployer MOMO7 双核版 カスタムファームウェア作成の足がかり

新・momo7 /アンドロイドタブレット/bluetooth対応/Dual Core CPU/IPSスクリーン/275G の軽量タブレット

最新のファームを利用すると背面カメラが利用出来なくなります。
前回のファームだと、最高1.2GHzです。
両方活かすことは出来ないのでしょうか?

12/3版ファームと12/13版ファームを比較

最初はカメラ関連のファイルを入れ替えてみる

12/3版のsystem配下の、カメラ関連のライブラリーなど12/13版に入れ替えてみましたが、背面カメラが利用可能になりません。
もっと、ざっくり調べた方が良さそうです。

system.imgを丸ごと入れ換えてみる

カスタムファーム ferirossさん作 (1128版)を利用」の記事で、ファームのイメージファイルを解凍出来ることはご紹介しました。

今回このsystem.imgを12/3版から12/13版に入れ替えて作りなおしたところ、背面カメラが利用出来ないのに変化なしです。
つまりライブラリーなど入れ替えても全く無駄な作業だったんですね。

背面カメラはどこで変わるの?

kernel.imgを置き換えても変化なし、結局boot.imgの入れ替えで背面カメラが利用可能となりました。

boot.imgを12/3版で、それ以外を12/13版で更新してみる

背面カメラは利用出来たのですが、残念1.2GHzが最大です。
ブートイメージってこんな重要な部分が入っているんですね。

この先に進むには・・・

boot.imgをさらに展開して内容を見ないといけないんですけど、かなり手間がかかるようです。
手順を話すと、Linux OS上でないと利用できない展開ツールを使って解凍します。
Linuxを持ってれば簡単ですけど、Win7しかないので、バーチャルPCをインストール。 さらにLinuxをインストール。そこまでしてやっと解凍ツールで展開出来るようになります。
展開した後に、見て分かるものが出てくるかは謎
突き進んで、なんとかなるといいんだけどw

追記

LinuxをインストールしなくてもCYGWINを利用すれば良いことは分かりました。
boot.imgをboot.cpio.gzというファイルにまで変換出来たのですけど、ここで詰みです。
拡張子.gzファイルを解凍するのに、圧縮ファイルではないとエラーが出て終了
ここは公式で1.4GHzかつ背面カメラが利用できるファームがアップデートされるのを待つしかないようです。

CYGWINが気になる方のために誘導は入れておきますね。
http://www.kkaneko.com/rinkou/cygwin/cygwin.html


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: momo7双核版/達人版 ファームウェアの更新 | タグ: 中華タブレット momo7双核版 | コメント: 0 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。