スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

AMPE A10四核(中華タブレット) パズドラ導入手順

クアットコア版Ampe A10 IPS 液晶搭載 タブレットPC 10.1 インチAndroid 4.0 16GB 内臓Bluetooth HDMI (ブラック)

パズドラの導入シリーズ、今回はA10四核でパズドラをするためのご紹介です。
今回利用したファームは、カスタムファーム「i.MX6 Stock Rom Mod R1.4」で、A10 四核 公式ファーム(1.62b)をベースとしています。
ルート化、フルマーケット化が行われているのでA10四核を使うには便利ですね。

パズドラ導入手順

MOMO9加強版でご案内した方法」を先に読んでから、以下をお読み下さい。

MOMO9の導入概要おさらい

  1. 事前準備
    • ツール「Root_Switch_v0.7.zip」をダウンロードする
    • GScript Lite」をGooglePlayストアよりインストールする
    • MOMO9の設定画面にて、USBデバッグの有効と提供元不明アプリにチェックを入れておく
  2. PCでの作業
    Root_Switch_v0.7.zipを解凍し、フォルダー内の「RootSwitch.bat」を起動する。
    メニューが起動するので、インストールを行う
  3. 端末(MOMO9)での操作
    「GScript Lite」を起動し、パズドラを遊ぶためのスクリプトを作成する。
    作成したスクリプトを実行する
  4. 全て問題なく出来れば、パズドラが起動するようになります。

上の手順で、A10四核で行うと手順3のGscriptの実行でエラーとなって上手く出来ませんでした。
非ルート化は行われるのですが、「killall」というコマンドが見つからずにエラーになり、パズドラが起動出来る状態になりません。

A10四核でのスクリプトエラー

対処方法

これは「/data/tool/rootsw」のスクリプトを書き換えることで解決出来ます。
書き換えはPCからインストールする前に行なっても良いし、インストール後にESファイルエクスプローラーなどを利用して編集しても良いです。
注意点として、インストール前に書き換える場合は、改行コードがLFのみとなるようにして下さい。インストール後に書き換える場合は、編集し終わったファイルのプロパティを「755」に直す必要があります。
プロパティについては、「パズドラ導入のトラブル対応」を参考にして下さい。

編集ヶ所

「rootsw」をエディターで開いてみて下さい。
何ヶ所か、下記のように書かれている部分があります。
最初が「sx」と「su」で違うので間違ってコピペしないようにして下さい。
sx -c "killall system_server"
su -c "killall system_server"

このkillallの手前にbusyboxと追記してあげれば動作するようになります。
sx -c "busybox killall system_server"
su -c "busybox killall system_server"

busyboxについての説明は、ここでは省略します。
興味のある方は、Google検索して下さい。

さいごに

今回の修正を加えれば、MOMO9同様にA10四核でも起動するようになります。
他、起動が確認されている機種は、「Ainol Novo7 Fire]、「ONDA Vi10精英版」です。
現在のところ「N70双撃HD」、「MOMO7達人版」での起動は実現出来ていません。

「N70双撃HD」では「A10四核」と同じエラーが発生し、busyboxの追記も行なってみたのですが、パズドラは起動出来ませんでした。まだ何か必要みたいですね。


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: トピックス | タグ: 中華タブレット A10四核 | コメント: 0 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。