スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

中華タブレットとは

【JNHオリジナル】タブレットPC 原道N70HD デュアルコア 7インチIPS完全視角1280*800Android 4.1.1 日本語説明書 【宅】

中華タブレットとは、タブレットPCの中華製品です。
さて中華製品と聞くと、正直なところ第一印象は良くないと思います。
性能や品質が良くないのでは?みたいな感じですね。
今回、悪いだけではないよってあたりを書いてみようと思います。

中華タブレットあれこれ

中華タブレットがどんなものであるか、色々な面で書きたいと思います。
最初にお断りしておきますけど、こちらは個人サイトです。
主観はかなり入ります。そこら辺踏まえた上で読んで下さい。

OSについて

中華タブレットは、アンドロイド端末です。
アンドロイド全般のメリットして、その自由度の高さにあります。
自由度が高いためにその分トラブルも多いです。
製品の安定度が高いのが良い方は、iPad系をご利用下さい。自由度はないですけど。

品質について

どうも当たり外れがあるようです。
よく聞く話として、WiFiの感度が低いこと、バッテリーの持ちが悪いことなどが上げられます。

場合によっては出荷されたロットまるごと問題がある場合があります。
あみ自身痛い思いをしたのは、momo7双核版でした。
300g以下という軽量で、バッテリーが4200mAh、さらにBluetooth内蔵でIPS液晶のデュアルコアと高スペック。 momo9加強版のバッテリーの持ちが良かったのと、Ployer(momoシリーズのメーカー)が省電力化に技術を注いでいたので信じて買ったら大失敗しました。 バッテリーの充電に20時間かかるやら、まったく充電が進まないやら、とても使い物になるレベルではなかったです。
初期出荷不良として交換して頂いた製品も同じ現象が発生、さらにUSBコネクタがポロリと取れる問題発生。
どうやら、USBコネクタ部分の接合部が甘いようで、ポロッと取れた方も大勢いたようです。
こう考えると充電が進まなかった原因はUSBコネクタ部の接触不良だったのかもしれません。

ちょっと横道に長くなりました。 さて、このような製品ロット丸ごと問題があるような場合ですが、新製品にすぐに手を出さずに口コミ情報がある程度集まってから購入の判断をすれば回避出来ます。 失敗しても構わない、新製品を試してみたいという方がいらっしゃいますので、待てる方は待ちましょうw

製品ロットの問題ではなく、ハズレ品を引いてしまった場合は、 初期出荷不良のチェックを十分行い明らかにおかしいと思われるものは、 販売店と連絡を取りましょう。初期出荷不良として交換してもらえたらアッサリ解決するかもしれないです。

性能について

性能面は馬鹿に出来ないです。
CPU性能など、昨年中にシングルコア、デュアルコア、クアッドコアとどんどんアップしてます。
もっともクアッドコア製品は、昨年発売されたものがデュアルコア製品より総合性能は落ちる感じだったので、 最近発売の製品でやっと良くなってきたようです。
お勧めの性能としては、IPS液晶、1280×800、デュアルコア以上の製品。
個人的には、N70双撃HDをお勧めしています。

価格について

中華タブレットのメリットは何より、その価格の安さでしょう。
昨年に比較して円安が進んでしまったので、 昨年7000円で買えたmomo9が9000円など全体的に2000円~3000円値上ってしまっているので馬鹿安さは無くなりましたけど、 それでも1万~1.5万円程でそこそこの性能のアンドロイド端末が手に入るのですから。

そこそこの性能とは、IPS液晶、1024×600以上、デュアルコア以上です。(7インチ)
IPS液晶にこだわらなければ、7000円~1万円でも手に入りますよ。

中華タブレットの楽しさ

一番の楽しさは、どれだけ自分用の端末としてカスタマイズ出来るかだと思います。
元々アンドロイド端末は自由度が高いのですが、数万する端末(キャリア製品など数万では?)を カスタマイズ化して失敗した場合、 かなり悲しいことになります。キャリア製品の場合、ルート化するだけでもメーカー保証が消えます。
それに比較して、1万前後の端末ならもし失敗してもダメージは少ないでしょう。

トラブル対応について

ただし、何か問題が起こった場合の対処は自分で行う必要があります。
国内のキャリア製品と異なり、お手軽に修理の相談出来るところはありません。
ネットで検索して同じ問題について解決策がないか探しましょう。
当サイトでも問題解決のヒントが見つかるかもしれないですよ。
例えば、PCとうまく接続できない、起動時のアニメーションから先に進まないなどは自力で解決出来る部類です。

さて物理的に故障してる場合は、自力で修理出来る方はさすがに少ないでしょう。
修理する場合は、中国本土に送る必要があります。 販売店によっては、中国へ送る手続きをユーザーに代わって行なってくれます。 面倒見の良い販売店を選んで購入すれば、イザというときは助かります。

事前調査の重要さ

購入前に十分調査した方が良いです。
出来れば、価格の安さで決めないでユーザー数の多い人気のある機種を選ぶのをお勧めします。
何かトラブルがあった場合に、対応方法が見つけやすいこと、カスタムファームなどが手に入りやすいことがあります。
気を付けていただきたいのが、名前が似ている違う製品を購入しないようにして下さい。
例えば、N70双撃Sという製品がありますが、N70双撃の廉価製品です。カスタムファームなどの情報はありません。
momo9シリーズは、momo9加強版、momo9II、momo9三代、momo9四代、momo9Star、全て別製品です。
そして、momo9加強版の情報は豊富ですが、それ以外の製品はほとんど情報がありません。

まとめ

中華タブレットに完全さは求められません。品質にバラつきがあります。
その分低価格で、そこそこの性能を持ったアンドロイド端末をカスタマイズして楽しむ事が出来る方にお勧めです。
何かあった場合のトラブル対応は、自力でネット検索などで解決方法を模索する必要があるので、 そのリスクも分かった上で利用するにはコストパフォーマンスに優れていると思います。

さいごに

ざっと順不同で説明させて頂きました。
購入を迷っている方の参考になると良いのですが・・・


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: トピックス | タグ: 中華タブレット | コメント: 0 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。