スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

N70双撃を買うなら今?

原道N70双撃 IPS液晶 8GB Android4.1

N70双撃がしばらく品不足でしたが、最近また購入出来るようになったようです。
円安が進んだために、昨年より1000円ほど高くなっていますけど、コストパフォーマンスとしては高い商品だと思います。

N70双撃シリーズ

N70双撃シリーズは、N70双撃、廉価版のN70双撃S、そして上位モデルのN70双撃HDがあります。br /> 全て同じRK3066CPUのデュアルコアです。
大きな違いは、液晶画面の差になります。

  • N70双撃S
    TFT液晶 1024×600(9,000~11,000円)
    内部ストレージ 8G
  • N70双撃
    IPS液晶 1024×600(11,000~13,000円)
    内部ストレージ 8/16G
  • N70双撃HD
    IPS液晶 1280×800(12,000~15,000円)
    内部ストレージ 16G

とにかく安いのが欲しいなら、N70双撃S。コストパフォーマンスが良いのはN710双撃、性能が高いのはN70双撃HDです。
N70双撃Sはカスタムファームが見つからないと思います。自力でカスタム化する必要があります。
N70双撃は、カスタムファームがあります(去年まで多く出てました)
N70双撃HDは、カスタムファームの種類は少ないけれど、今年になってからも出ています。
この3機種の中で一番新しいので、製品寿命はまだあるでしょう。

N70シリーズのクアッドコア

N70HDACというクアッドコアの製品がすでに購入可能となっています。
但し、1.2GHzの4コアでN70双撃HDに比較してそれほど性能が高いものでもないようです。
クアッドコアに興味がある方は、どうぞ。

さいごに

あみが現在所有しているN70シリーズは「N70双撃HD」です。
以前持っていた「N70双撃」に比較して液晶がくっきりした感じです。
N70双撃より液晶が広くなった分、少し持ちにくくなりましたけど満足度はかなり高いです。


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: n70双撃 トピックス | タグ: 中華タブレット n70双撃 n70双撃hd n70双撃s | コメント: 4 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

質問したくて、、、
なんかリンクによってAmazonで販売している原道n70双撃HDの写真がちがうのですが
商品説明もちょっとちがいました
名前は原道n70HDとなっているのに参考写真だとn70双撃HDとなっていてなにがなにやら

下にリンクを載せるので回答お願いします。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B009SJ918G/ref=aw_ls__3?colid=2ZS84AWIR6TLS&coliid=IQCPCD9CQ48Z1

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B009VXS68K/ref=aw_ls__1?colid=2ZS84AWIR6TLS&coliid=I2XUJOXUPWU5O8
Re:
○中華野郎さん

amazonは複数の販売店が利用しているので、同じ商品でも販売店によって写真が違ったり、商品の説明の仕方が違ったりするのはあります。

販売店の説明は誤記などもあるでしょうから、目安で見るしかないと思ってます。
(販売元での表記すら、違ってたりします。ヒドイ時にはBluetoothありと売りだされていたものが、何の発表もなく無くなっていたり。中華って、そういうもののようです)

仕様についての確認は、個人サイトではなく販売店にして頂いた方が間違いないと思います。
ありがとです
わかりました。きいてみます!

いつもこのサイトで楽しんでます!
これからもがんばってくださいね。
Re:
○中華野郎さん

応援ありがとうございます。
マイペースでの更新ですけど、読んでくれると嬉しいです。(^^)

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。