スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

中華タブレット カスタムファームウェアの作成 まずは環境作りから(VMware Playerのインストール)

Ployer momo7 Talent タブレット PC RK3066 Android 4.1搭載 7 インチ HD IPS 液晶 16GB

MOMO7達人版用カスタムファームの作成時に失敗して、開発環境を壊してしまいました。 せっかくなので開発環境のインストールからお伝えします。一緒にカスタムファームを作成してみませんか?

※ 6/16 追記
2013/6/16現在 最新のVMware Player(無償)は、Ver.5です。
ダウンロードのリンク先がVer.4になっていたのを修正しました。

カスタムファーム作成のための開発環境

なんだかんだで、Linuxの環境があるのが便利です。
Windowsだけでは出来ないことがいくつもあるので、Linuxの環境作りから始めましょう
といっても、専用の端末を準備するのは大変なので仮想PCを利用してフリーのLinuxであるUbuntuを導入します。

作成対象のタブレット

今回カスタムファームの対象となるのは、MOMO7達人版、MOMO7双核版、N70双撃HD、N70双撃、N70双撃S、MOMO9四代などのRK3066系タブレットになります。他、U30GTなどもそうですね。

Ubuntuのインストール概要

インストール手順としては、ざっとこんな感じになります。

  1. VMWare Player(仮想PC)のインストール
  2. 仮想マシンとしてUbuntuの作成
  3. Ubuntu日本語版のインストール
  4. Ubuntuのアップグレード
  5. VMWare Toolsのインストール

まずは仮想PCのインストールから

仮想PCもいくつか種類がありますけど、お手軽で使いやすいのは「VMWare Player」だと思います。
まずは「VMWware Player」をインストールしましょう

VMware Player ソースサイト

http://www.vmware.com/jp/

VMware Playerは、こちらから自分の環境に合ったものをダウンロードしてください。
VMwarePlayer

インストーラの実行

ダウンロードした実行ファイルを管理者として実行します。
(マウスカーソルを当てて右クリックで管理者権限での起動が出来ます)

VMware Player 01


以降、デフォルト設定のまま次へと進めていけば、インストールが終了します。

VMware Player 02 VMware Player 03 VMware Player 04 VMware Player 05 VMware Player 06 VMware Player 07

VMware Playerの起動

起動時に使用諸契約があるので、同意して起動します

VMware Player 08


「VMware Player」が起動しました。
これでUbuntuのインストールするための前準備が整いました。

VMware Player 09

VMware Player をインストールして使用するための PC の最小要件

VMwareからの転載です。

一般的なホスト システムの場合、1 GHz 以上のプロセッサ (2 GHz を推奨) および 1 GB 以上の RAM (2 GB を推奨) が必要です。 また、ホスト OS の実行に必要なメモリに加え、各ゲスト OS 用のメモリ、さらにホストおよびゲスト OS 上で実行するアプリケーション用のメモリが必要です。 これらのメモリ要件については、各ゲスト OS およびアプリケーションに関するドキュメントを参照してください。 VMware Player は、インストールに約 150 MB のディスク空き容量が必要です。 PC の最小要件の詳細については、 VMware Player のドキュメントを参照してください。

他、VMwareのFAQはこちら
http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/player/faqs.html

続く

次回はUbuntuのインストールです。自分のマシンで、Ubuntuが動作するのはプチ感動ありますよ♪


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: トピックス | タグ: 中華タブレット カスタムファームウェアの作成 | コメント: 2 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

No title
あみさん

PCのH/Wスペック(必須要件)の案内があるとありがたいです。
Re:
○kawachanさん

記事内に記載しました。

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。