スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

中華タブレット カスタムファームウェアの作成 N70双撃S(Q)に挑戦(その2)

【JNHオリジナル】N70S デュアルコア 7インチ1024x600 Android 4.1.1初期化しても日本仕様 自然な日本語フォント JNHオリジナル日本語解説書【宅】

n70双撃S(Q)のカスタムファーム作成の続き、フルマーケット化とパズドラ対応を行います。

N70双撃S(Q) カスタムファームウェアの作成

前回の記事で、ルート化、build.propの修正(日本設定、フルマーケット化一部、パズドラ対応一部)、中華アプリの削除、便利アプリの追加まで行なっています。
今回は、フルマーケット化、パズドラ対応を行います。

フルマーケット化

すでに「buid.prop」の編集は終わっているので、「/system/etc/permissions」フォルダーにファイルを追加する作業です。
参考記事はこちら。 「フルマーケット化(後編)

不足しているファイルとして以下を追加しました。

android.hardware.location.gps.xml
android.hardware.sensor.gyroscope.xml
android.hardware.telephony.gsm.xml
android.software.sip.voip.xml

プロパティの変更も忘れずに
$ sudo chmod 0644 *.xml

フルマーケット化の追加処理はこれだけです。
手順としては、前回の記事の中で行うべきでしたね(^^;

system.imgのrepack

system.imgのrepackは、こちらの手順で行います。
system.imgのrepack

  1. system.imgのrepack
    $ sudo ./mkuserimg.sh -s newsys newsys.ext4 ext4 system 390M
    $ ./simg2img newsys.ext4 newsys.img
  2. 出来上がった「newsys.img」をWindowsへコピー
    最初にWindows側でファームウェアをunpackした「Temp/Image」フォルダーにコピーして下さい

パズドラ対応

パズドラ対応は、boot.imgをunpack。中に入っているdefault.propを編集します。

「boot.img」のunpack

前回の記事で、公式ファームをunpackした時点でboot.imgは手に入っているはずです。
これをubuntu上でunpackします。参考記事はこちら。
カスタムファームウェアの作成 boot.imgのunpack/repack

「boot.img」のあるファルダ-に作成した「rkunpack」、「rkcrc」をコピーしておいて下さい。
以下を実行します。
$ ./rkunpack boot.img

実行すると「boot.img-raw」というファイルが作成されます。 引き続き、以下のコマンドを実行して下さい。

$ mkdir extracted(フォルダーの作成)
$ cd extracted(作成したフォルダーに移動)
$ cat ../boot.img-raw | gunzip | cpio -i(boot.img-rawファイルの展開)
この操作で「extracted」フォルダー内に、boot.imgの内容が展開されます

「default.prop」の修正

参考記事はこちら
カスタムファームウェアの作成 パズドラ対応修正
「extracted」フォルダー内に「default.prop」があるのでこれを編集します。

ro.secure=0
ro.allow.mock.location=1
ro.debuggable=1
persist.sys.usb.config=adb
  ↓
ro.secure=1
ro.allow.mock.location=0
ro.debuggable=0
persist.sys.usb.config=mtp

Term上から、バックアップファイルの削除も忘れずに
$ rm default.prop~

「boot.img」のrepack

参考記事はこちら。
カスタムファームウェアの作成 boot.imgのunpack/repack

「extracted」フォルダー内より、以下のコマンドを実行して下さい。
$ find . | cpio -o -H newc | gzip > ../newboot.img(フォルダー内の内容をrepack)
$ ../rkcrc -k ../newboot.img ../newboot-flashable.img(repackしたファイルにCRCコードを付加)
「boot.img」の入っているフォルダー内に「newboot.img」と「newboot-flashable.img」が作成されます。
作成された「newboot-flashable.img」をWindows側にコピーしてカスタムファームウェアのrepackに使用して下さい。名前は「boot.img」に変更します。

ファームウェアのrepack

参考記事はこちら。
カスタムファームウェアの作成 system.imgのrepack

  1. 以下の操作はツールでのrepack手順です。
    Runme.batを実行
    1-Unpack、2-pack、3-Exitと表示されるので、2を入力しEnter
    1-Unpack、2-pack、3-Exitと表示されるので、3を入力しEnter
    《RK29xxImageTools_v2.1》フォルダーに、wendal_new.imgが作成されます。

ファームウェアの更新

ファームウェアの更新は「RKBatchTool.exe」を利用して行います。
詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。
RK3066/RK3188 CPU系タブレット RKBatchTool.exe によるファームウェアの更新

これでmomo7達人版でご紹介していた手順は全て行いました。
momo7達人版と同様の手順で最後までいけたので、このまま動作する可能性は高そうです。

さいごに

作成したカスタムファームは、当サイト運営SNS内、「N70双撃/S/HD」コミュニティにてダウンロード可能です。本体を持っていないので動作未確認です。自己責任の上チャレンジャーな方はどうぞ。


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: トピックス | タグ: 中華タブレット カスタムファームウェアの作成 n70双撃s | コメント: 0 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。