スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

中華タブレット カスタムファームウェアの作成 N70双撃S(DZ)に挑戦(その2)

【JNHオリジナル】N70S デュアルコア 7インチ1024x600 Android 4.2.2 初期化しても日本仕様 自然な日本語フォント JNHオリジナル日本語解説書【宅】

n70双撃S(DZ)のカスタムファーム作成の続きです。N70双撃S(Q)と同様に順を追って作業してみます。

N70双撃S(DZ) カスタムファームウェアの作成

前回の記事で、ルート化、build.propの修正(日本設定、フルマーケット化一部、パズドラ対応一部)、中華アプリの削除、便利アプリの追加まで行なっています。
今回は、フルマーケット化、パズドラ対応を行います。

フルマーケット化

すでに「buid.prop」の編集は終わっているので、「/system/etc/permissions」フォルダーにファイルを追加する作業です。
参考記事はこちら。 「フルマーケット化(後編)

N70双撃S(Q)では、以下のファイルを追加しました。

android.hardware.location.gps.xml
android.hardware.sensor.gyroscope.xml
android.hardware.telephony.gsm.xml
android.software.sip.voip.xml

さて、N70双撃S(QZ)で同じことをするつもりがファイルの構成が異なりました。参考記事で説明している「handheld_core_hardware.xml」が無く、代わりに「rk-core.xml」がありました。
中を見たところ名前は異なるけどやってることは同じっぽい。 各xmlファイルの内容を見て、足りないと思われるファイルを追加すれば良いと思います。

この作業は試行錯誤です。作業前のマーケットで表示されるアプリを事前に調べておいて作業後に変わるかどうか調べてます。今回比較出来ないのでこの処理はしていません。 (不足しているファイルを追加する場合は、他の機種のファームを展開してコピーしています)

system.imgのrepack

system.imgのrepackは、こちらの手順で行います。
system.imgのrepack

  1. system.imgのrepack
    $ sudo ./mkuserimg.sh -s newsys newsys.ext4 ext4 system 390M
    $ ./simg2img newsys.ext4 newsys.img
  2. 出来上がった「newsys.img」をWindowsへコピー
    最初にWindows側でファームウェアをunpackした「Temp/Image」フォルダーにコピーして下さい

パズドラ対応

N70双撃S(Q)では、boot.imgをunpack。中に入っているdefault.propを編集して終わりでしたけど、N70双撃S(DZ)の場合は、加えてrecovery.imgをunpack。こちらの中にもdefault.propがあるので編集します。

unpack/repackツールの準備

n70双撃S(Q)で紹介したツールではunpack/repackが出来ません。
split_bootimg.pl、mkbootfs、mkbootimgが必要です。
また、ツールを簡単に利用出来るようにSNSメンバーのrag007さんが便利なスクリプトpack、unpackを準備してくれました。
それらをひとまとめにしてSNSからダウンロード可能としておくのでご利用下さい。

ファイル名:tool_pack_20140119.tar.gz
ダウンロードしたファイルを展開して、PATHの通ったところに入れて下さい。

ホームの下に「bin」フォルダーを作成して入れておくとPATHは通っています。
$ cd
$ mkdir bin

ルート権限時にもPATHが通るように、「/etc/environment」ファイルにPATHを追記しておきます。
PATH="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games:/usr/local/games:/home/ami/bin"

tool一式

「boot.img」のunpack

前回の記事で、公式ファームをunpackした時点でboot.imgは手に入っています。
これをubuntu上でunpackします。

以下を実行します。
$ ./unpack boot

boot.imgのunpack

実行すると「out/ramdisk」というフォルダー内に、boot.imgの内容が展開されます

「default.prop」の修正

参考記事はこちら
カスタムファームウェアの作成 パズドラ対応修正
「ramdisk」フォルダー内に「default.prop」があるのでこれを編集します。

ro.secure=0
ro.allow.mock.location=1
ro.debuggable=1
persist.sys.usb.config=adb
  ↓
ro.secure=1
ro.allow.mock.location=0
ro.debuggable=0
persist.sys.usb.config=mtp

Term上から、バックアップファイルの削除も忘れずに
$ rm default.prop~

「boot.img」のrepack

boot.imgのあるフォルダーより以下を実行します。 $ ./pack boot

「boot_new.img」が作成されます。
作成された「boot_new.img」をWindows側にコピーしてカスタムファームウェアのrepackに使用して下さい。名前は「boot.img」に変更します。

「recovery.img」のunpack

boot.imgと同じ手順です。
boot.img同様、recovery.imgは手に入っています。
これをubuntu上でunpackします。

以下を実行します。
$ ./unpack recovery

boot.imgのrepack

実行すると「out/ramdisk」というフォルダー内に、recovery.imgの内容が展開されます

「default.prop」の修正

参考記事はこちら
カスタムファームウェアの作成 パズドラ対応修正
「ramdisk」フォルダー内に「default.prop」があるのでこれを編集します。

ファイルを開くと文字化けしているヶ所があってエラーが発生しますけど、強制的に編集するで続けて下さい。
なお、「強制的に編集する」はウィンドウが小さいと表示されていないので注意。

defaultprop編集警告

文字化けは、「年」「月」「日」が化けているだけでした。
ro.build.date=2013年10月28日 星期一 15:57:36 CST
(※ 前回記事のbuild.propにも発生していたのを書き忘れてました。)

ここのdefault.propは、system.img内のbulid.propとboot.imgのdefult.propの内容が合わさったものです。
それぞれ編集したのと同じ編集を行って下さい。
単純に2つのファイルからコピペで大丈夫です。

Term上から、バックアップファイルの削除も忘れずに
$ rm default.prop~

「recovery.img」のrepack

recovery.imgのあるフォルダーより以下を実行します。
$ ./pack recovery

「recovery_new.img」が作成されます。
作成された「recovery_new.img」をWindows側にコピーしてカスタムファームウェアのrepackに使用して下さい。名前は「recovery.img」に変更します。

ファームウェアのrepack

参考記事はこちら。
カスタムファームウェアの作成 system.imgのrepack

  1. 以下の操作はツールでのrepack手順です。
    Runme.batを実行
    1-Unpack、2-pack、3-Exitと表示されるので、2を入力しEnter
    1-Unpack、2-pack、3-Exitと表示されるので、3を入力しEnter
    《RK29xxImageTools_v2.1》フォルダーに、wendal_new.imgが作成されます。

ファームウェアの更新

ファームウェアの更新は「RKBatchTool.exe」を利用して行います。
詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。
RK3066/RK3188 CPU系タブレット RKBatchTool.exe によるファームウェアの更新

これでn70双撃S(Q)同様の処理は行ったことになります。

さいごに

n70双撃S(Q)と構成が異なるのと動作確認も取れないため、カスタム方法のご案内のみとします。 テストして頂ける方が入ればファイルをお渡しするのでコメント下さい。


関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: トピックス | タグ: 中華タブレット n70双撃S | コメント: 2 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

CFW導入してみたいと思います。
オークションで割と安く落とせた2台目のタブレットがN70双撃S(DZ)だったのでCFW導入してみたいと思います(*・・)っ
CFW自体初挑戦でとりあえず環境づくりは四苦八苦しながら何とか完了しました♪
とりあえずテスト募集してるみたいなので初心者な自分でよろしければご協力します。
Re: CFW導入してみたいと思います。
○ken2923さん

ご協力ありがとうございます。

当サイト運営SNSに参加お願いします。
あみの日記にダウンロード先のURLを記載しています。
そこからファイルをダウンロードして試して下さい。

質問や結果報告はSNS内でお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。