スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

Colorfly CT102 Qise3 レビュー(その1)

ポイント2倍お買い物マラソン【SALL】ハイスペック10インチ Colorfly CT102 Qise3 32GB FHD IPS液晶 Android4.2 綺麗な液晶 ストレスフリー【10型 タブレット PC 本体】

「Colorfly CT102 Qise3」が届きました。
早速、開封レビューを行います。


Colorfly CT102 Qise3 レビュー(その1)

1920×1200のIPS液晶、2G RAM、が楽しみです。RAMについては重いアプリを利用してみないと分からないかな?
まずは、付属品の確認から行います。

付属品の確認

届いたもの 開封

タブタブ店からの購入です。本体パッケージ、充電器、販売店サービスのキーボード付きカバー、タッチペン、日本語簡易マニュアルです。パッケージを開けるとタブレットの両面をスポンジで保護しているのはE708 3Gと一緒です。

添付品一式

オマケ以外の添付品一式 : タブレット本体、miccroUSBケーブル、ホストケーブル、充電器です。

背面

リアカメラが大きく感じる背面です。

フロントカメラ リアカメラ

フロントカメラは、横置きの右上。リアカメラは、横向きの左上にあります。

端子類

表面の右側に端子類がまとまっています。横置き上から順に、電源ボタン、ボリュームボタン(+/-)、蓋内に(リセット、microUSB、HDMI、microSD)、電源端子、イヤフォン端子です。

リセット他

端子部の蓋を開けると、リセット、microUSB、HDMI、microSDカードスロットがあります。

厚さ 重さ

本体の厚さは11.5mm、重さは597gです。

キーボードカバー カバー背面 端子接続部

タブタブ店サービスのキーボードカバーを取り付けてみました。 蓋内にmicroUSB端子があるので、ちょっとつなぎにくいのが難点ですが、キーボードの打ち込みは問題なく出来ました。

感想

まだちょっとしか使用していないので、簡単な感想です。
あと、このタブレットはdTabの代りとして購入したので、dTqbと比較しての感想になります。

画面は1920×1200のIPS液晶。これはdTabより断然キレイです。外部スピーカーはステレオなんですけど、残念ながら中央に寄っていてステレオの利点はないです。これは、別にご案内しているポータブルスピーカー及び、高音質サラウンドアプリ 「Noozxoide EIZO-rewire™ PRO」を利用することでカバー出来ます。ポータブルスピーカーで、+2000円かかりますけど、それだけの価値はあると思います。

ポータブルスピーカー装備

ポータブルスピーカーをつなげるとこんな感じになります。

ご紹介商品

次回

レビューの2回目は、プリインストールされているアプリの確認、ベンチマークテストを行います。




関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: CT102 Qise3 | タグ: 中華タブレット CT102Qise3 | コメント: 2 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

いや~
もう、何と言うか…
「欲しい」の一言。
この先のレビューも楽しみだけど、現時点で欲しくなった。

でも、無理なのでとりあえず続くレビューを楽しみにしてます。
Re: いや~
○鉄のぢさん

ついこの間まで、あみもそんな感じでした。
一部出費してもらっての購入です。

Colorflyのタブレットを、
E708 Q1 / E708 3G / CT102 Qise3 と順次レビューしてきましたけど、
間違いなく、一番キレイな画像です。 解像度が高いのはもちろんのこと発色が良いです。

満足度が高い。値段も少し高いけど、10.1インチの購入だと思えば安い。
これも、コストパフォーマンスに優れたタブレットだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。