スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

Ployer MOMO7W Office365のインストール(失敗編)

【7インチ 7型】Ployer MOMO7W 16GB intel 3735G(クアッドコア) IPS液晶 BT搭載 Windows8.1【Windowsタブ/ウインドウズタブレット PC 本体】

今回は、Officeが付いてるようなのでインストールしてみます。
失敗しちゃったんですけど、同じ過ちにならないように反面教師で


Ployer MOMO7W Office365のインストール

MOMO7WにはOffice365の1年パックが付いて来てるようです。
せっかくなのでインストールしてみたいと思います。

1.アプリ画面

アプリ画面を表示すると、Mのところに【Microsoft Office】があります。

アプリ画面

【Microsoft Office】をタップします。

2.インストールの確認

中国語でOffice 365の確認がされます。何書いてるかはよく分からないです。

インストール確認

右下の右側のボタンで進みます。左でキャンセルです。

3.Microsoftアカウントへのサイインイン

前回登録したMicrosoftアカウントを利用してサイインします。
黒抜きのところには登録時のメールアドレスが表示されています。

サインイン

パスワードを入力し【サインイン】をタップします。

4.国、言語の選択

国と言語の入力を求められるのですが、探しても「日本」がありませんでした。
仕方ないので米国で英語を選びました。

国と言語(1) 国と言語(2) 国と言語(3)

【続行】をタップします。

5.インストール

【インストール】ボタンが表示されます。ここで最初の失敗をしました。
そのまま【インストール】をタップして進めたら英語版でのインストールとなりました。
よく見ると、この画面に【言語とインストールのオプション】が表示されています。

インストール

【言語とインストールのオプション】をタップします。

6.言語とインストールのオプション

今度は「日本語」が見つかりました。
日本語を選択して【インストール】をタップします。

言語とインストールのオプション(1) 言語とインストールのオプション(2)

インストーラーを保存するか実行するか確認されます。
あみの場合は、そのまま【実行】としました。

7.インストール開始

Office365のインストールが開始されました

インストール開始

右下に「バックグラウンドでOfficeをインストールしています」という案内が出てますけど、これはずらすか閉じて下さい。 次へ進むためのボタンが案内の下に隠れてました。

8.ディスク容量の不足

残念なことに空き容量不足でインストールに失敗しました。

空き容量不足

こうなったら【閉じる】をタップして終わらせるしかないです。

8.空き容量の確認

空き容量を確認してみたら、たったの287MB。必要な空き容量は1GB前後です。入るわけないですね。

空き容量

この後、使わないアプリをアンインストールしたけどどうにもならず。
思い切って初期化することにしました。

9.初期化後の空き容量

初期化後の空き容量です。空き容量が5.17GB。十分な空き容量を確保出来ました。

初期化後の空き容量

初期化について

初期化では日本語が一切表示されなくて大変な思いをしました。
最初日本語を選べたので日本語化されると思ったのですが中国語のまま進みました。
どうやら後で日本語をダウンロードするまでは日本語の表示がされないようです。
もし初期化を行う場合は、英語を選択した方が良さそうです。

次回

空き容量を確保出来たのであらためて、Office365をインストールします。




関連記事
質問等はお気軽に掲示板「中華タブレット 教えて!少女隊」へどうぞ
ユーザー同士のコミュニケーションに「MOMO9 N70双撃 SNS」もどうぞ
カテゴリー: MOMO7W | タグ: 中華タブレット MOMO7W | コメント: 0 | トラックバック: 0

人気ページランキングTOP10
人気ページランキングは、上部メニューに移しました。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイト内検索
Twitter
プロフィール

あみ

Author:あみ
興味があるのはAndroid、アニメなどのオタク系少女です。
「MOMO9」を手に入れ、2012年5月より当サイトを作成。
中華タブレットのファームの更新やカスタム化を分かりやすく紹介したいと思います。

注意事項
※当サイトで紹介するカスタムファームでのトラブルはメーカー保証外となります。他、root化、日本語フォント化など、それが原因で生じたいかなる損害についても当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任の上行なって下さい。
最新コメント

openclose

最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。